メンタリストDaiGoさんに学ぶ「好き」って一体なに!?

メンタリストDaiGoさんに学ぶ「好き」って一体なに!?

メンタリストDaiGo(ダイゴ)さんの「『好き』を『お金』に変える心理学」を題材に、「好きなことに投資することで、それが仕事になり、お金の無限ループが回る」という話を書きました。

メンタリストDaiGoさんに学ぶ「好きを仕事にする」方法!

「好き」を「お金」に変える心理学(メンタリストDaiGoさん)
DaiGoさんの本は大体買うようにしていますが、今回の本はテーマ的にも非…

ここで避けて通れないのが、「わたしの好きって、なんだろう?」という問いです。

「好き」にはレベルがある

確かに何をもって「好き」と言うかは、分かったようで分かりません。

例えば僕は、間違いなく「食べること」が好きです。0歳の頃から35年間、毎日食べてきました。じゃあ、「食」に関する仕事をしたいかというと、そうは思いません。

間違いなく「音楽」も好きです。中学の頃から20年以上、ほぼ毎日聴いていますし、関東や東北までライブにも行っていました。じゃあ、「音楽」に関する仕事をしたいかというと、そうは思いません。

もっとハードルを下げれば、山ほど「好きなこと」は挙げられます。

でも、間違いなく「好き」なことで、かつ、膨大な時間やお金を使ってきたことでさえ、それを仕事にしたいかというと、そのほとんどがNoです。

できる・できないの前に、そもそもしたいとは思いません。せいぜい、「まぁ、それでお金が稼げるならやりたいかな」という、「あんなこといいな、できたらいいな」のレベルです。

じゃあ、「好きなことに投資して、それを仕事にする」という話の「好き」とは?

DaiGoさんはこう述べます。

世の中の圧倒的多数の人は、好きなことがわからないままに生きています。「好きなこと」を見つけるというのは、それぐらい大変なことです。

というのも、ここでいう「好きなこと」とは、「ラーメンが好き」「部屋でのんびりするのが好き」「かわいい子が好き」といったレベルの「好き」ではありません。

「一生をかけて追求しても、まったく飽きないほど好き」

「誰に反対されても、非常識だと罵られても貫き通すほど好き」

「手持ちの現金、財産をすべて失っても手に入れたいほど好き」

といったレベルの好き。いうならば、すべてをつぎ込んでも惜しくないほど、大好きなことだからです。

好きの基準としてはとても分かりやすいです。この基準で選別すれば、ほとんどの「好き」を除外できます。

でも、多くの人がこう思うでしょう。

「好き」の基準はわかったけど、その基準をクリアする「好き」が一体何か分からない!

先ほどのDaiGoさんの「好き」の基準は、確かに分かりやすいです。

ただその基準をクリアできるかどうかは、散々行動して、回り道もして、トライ&エラーを繰り返して、ようやく分かるものです。

つまり、

  • 「まったく飽きないほど好き」かどうかは、「普通それだけやったら飽きるよね」というところまでやって初めて分かること。
  • 「誰に反対されても、非常識だと罵られても貫き通すほど好き」かどうかは、誰かに反対されたり、非常識だと罵られるような経験(あるいはそれに近い逆境)があって初めて分かること。
  • 「手持ちの現金、財産をすべて失っても手に入れたいほど好き」かどうかは、「このままいくとお金がヤバい」と思うほど追求して初めて分かること。

DaiGoさんが好きなことは「本=知識」だそうですが、たくさんテレビに出て、寝る間もない程の超過密スケジュールに追われ、メンタル的にもボロボロになった経験を経て分かったそうです。つまり、それくらい行動したからこそ、ようやく先ほどの厳しい基準をクリアする「好き」が分かったわけです。

例えるなら、食べ物の中で一番ラーメンが好きな人は、そばも、パスタも、ステーキも、天丼も食べたという行動があって初めて分かったわけです。ラーメンしか食べたことがなければ、その答えに気づけません。

じゃあ、どうやって見つけるのか?

好きは、散々行動して、回り道もして、トライ&エラーを繰り返して、ようやく分かるものです。

それを、幼い頃からいつの間にかやってきた方もいるでしょう。これがよく言われる「やりたいことのヒントは幼少期にある」という話です。

  • 友達と遊んだりゲームをするより没頭した何かがあった
  • 親から反対されたり、止められてもやりたかった何かがあった
  • なけなしの小遣いをはたいてでも手に入れたい何かがあった

こういう経験がある方は、机の上で考えることが一定程度効果的です(考えるというより、思い出す作業)。

でも、そういった経験が思い当たらない方は、やはり「これから」行動する必要があります。行動というのは、読書もそうですし、実際何かに取り組んでみることもそうです。

もちろん闇雲に行動するのではなく、当たりをつけた上での行動です。

DaiGoさんも、「STEP0」として「自分が『本当に好きなこと』を見つける」というSTEPを設け、「『九つの質問』であなたの『好き』を探りだす」という章も設けられています。

とにかく大切なことは、具体的であること

以前お話したことは、「好きを仕事にするっていうけど、それって具体的にどういうことを指すの?」という話でした。

今回お話したことは、「好きって具体的にどういうこと?それを見つけるには具体的にどうすればいいの?」という話でした。

抽象的な問いからは、抽象的な答えしかでません。

具体的な問いからは、具体的な答えがでます。

人生は、具体的なことの積み重ねです。

今日、今この瞬間、具体的にどういう意識を持ち、具体的にどういう行動をするかです。

ぜひ、具体的に考え、動いてみて下さい!

では、またお会いしましょう!

著者名「新井玲央奈 」(弁護士/プロコーチ/セミナー主催者)

勉強も部活も成果が出なかった落ちこぼれから一念発起し、2006年司法試験合格。
夢であった弁護士になったが「悪くない毎日」に悩み、本を漁り読み、メンターから直接指導も受ける。2013年に人生の目的を発見して以来、「意識と行動で人生は好転する!」という信念のもと、約4年で85回以上のセミナー・講演を開催、2015年からはプロコーチとして活動。
2015年1月に独立し、現在パラレルワーカーとして働いている。

ブログ「意識と行動で人生は好転する!」を運営。