理想の人生を送りたいならこの思い込みを捨てよう!

理想の人生を送りたいならこの思い込みを捨てよう!

予想外の4日連続更新!

いやぁ、5月は全く書かなかったのに、この記事で4日連続更新です。「更新増やすぞ!」なんて全く思ってなかったのですが、一旦書き始めると「あれも伝えたい!これも伝えたい!」ってなっちゃいます。

さて、前回と前々回、「欲しい未来」の話をしました。

「今と違う未来」が欲しければ「今と違う生き方」をしなければならない!

「欲しい未来」を手に入れるには?
「変わりたい」

「現状を変えたい」

「今のまま一生終えるのは嫌だ」
そういう思いを抱いて…

「今と違う未来」を得るために外せない2つポイント!

昨日と一昨日、超久々にブログを書きました。
久々に書くと、自分の中のでっかいエンジンがグオングオン動きます。更新するとサンプル…

未来を語るとは?

僕はセミナーでもコーチングでも、よくこういう質問をします。

「どんな人生を送りたいですか?」

「どういう未来になったら最高に幸せですか?」

これに対して、こういう反応をする方がいます。

別に今も不幸じゃないです。

その方は、「理想を語ること」=「今を否定すること」と捉えている気がします。

極端に言うと、

「どんな人生を送りたいですか?」=「あなた今不幸でしょ?だから、どんな人生を送りたいですか?」

「どういう未来になったら最高に幸せですか?」=「あなた今不幸でしょ?だから、どういう未来になったら最高に幸せですか?」

こういう思考にハマっているわけです。

「理想を語ること」=「今を否定すること」と考えていると、理想を語ること(考えること)自体を避けてしまいます。なぜなら、誰だって今を否定したくないからです。理想を考えることで、自らの首を絞めることになると思っているわけです。

僕の真意。

でも僕が言いたいことは、「今がダメだから、理想を語りましょう!」ではありません。

「今も良い。でも、もっと良い未来もある。だから、理想を語りましょう!」です。

理想を語るのは、決して、今が不幸だからじゃありません。

理想を語るのは、決して、今を否定することにはなりません。

生きている限り、常に通過点です。通過点ですから、未完成なのは当然です。残りの人生で完成に近づけていくんです。だから、「もっと良い未来」があって当然です。

というか、もっと良い未来があるからこそ、僕は希望と情熱を持って生きていけます。「あなたの人生、今がマックスです。これ以上はありません。」と言われたら、愕然とします。

「今の生活が続けば良い」という場合。

中には、「今のように、住む家があって、生活できるだけのお金があって、家族や友人に囲まれていればそれで良いんです。もっと良い未来なんて、望んでいません。」という人もいるでしょう。

でもその人は、「今の生活がこのまま続いて欲しい」という「もっと良い未来」を語っています。「今」だけでなく、「ずっと」を望んでいるのですから。

まとめ

「理想を語ること」は、「今を否定すること」ではありません。いくら理想を語っても、今のあなたを否定することにはなりません。

「理想を語ることは、今を否定することだ」と思い込んでいると、理想を描くことはできません。だから当然、理想に向かって行動することもありません。

あなたの人生は、今も良い。でも、もっと良い未来もある。だから、思いっきり理想を語りましょう!

著者名「新井玲央奈 」(弁護士/プロコーチ/セミナー主催者)

勉強も部活も成果が出なかった落ちこぼれから一念発起し、2006年司法試験合格。
夢であった弁護士になったが「悪くない毎日」に悩み、本を漁り読み、メンターから直接指導も受ける。2013年に人生の目的を発見して以来、「意識と行動で人生は好転する!」という信念のもと、約4年で85回以上のセミナー・講演を開催、2015年からはプロコーチとして活動。
2015年1月に独立し、現在パラレルワーカーとして働いている。

ブログ「意識と行動で人生は好転する!」を運営。