職業や職種の中から本当にやりたいことを探してはいけない!

職業や職種の中から本当にやりたいことを探してはいけない!

本当にやりたいことを見つけるために極めて重要なことは、「本当にやりたいことを見つける方法を知ること」です。

「本当にやりたいこと」を見つけるには「方法」を知ることが欠かせない!

「本当にやりたいこと」を見つけるには?
本当にやりたいことを見つけるために極めて重要なことは、「本当にやりたいことを見つける方…

「方法」の中には、「こうすると見つかりやすい」というノウハウもあれば、「こうすると見つかりにくい」というノウハウもあります。

今回ご紹介するのは、「こうすると見つかりにくい」という代表的なもの。

それは、「本当にやりたいことを、職業・職種の中から探してはいけない!」ということです。

本当にやりたいことを、職業・職種の中から探してはいけない!

「私のやりたいことって何だろう?」と考えた時、多くの人が「職業・職種」の中から探します。つまり、「私のやりたいことは、職業・職種の中にあるはずだ」と考えるわけです。

そして、営業、事務、看護師、プログラマー、ライター、ミュージシャン、ショップ店員、イラストレーター、ブロガー、弁護士、コーチ、カウンセラー、コンサルタント…etc、

そういった「特定の職業・職種の中から」探します。

でも、それでは見つかりません!

なぜか?

それは、本当にやりたいこと=特定の職業・職種ではないから!

それを知っておかないと、「あれでもない、これでもない」と次々転職したり、途中で挫折しかねません。

なぜ「本当にやりたいこと=特定の職業・職種ではない」と言えるのか?

理由は2つあります。

  1. 同じ職業・職種でも、その内容は千差万別だから。
  2. 職業・職種は、今の時代に偶々存在するものだから。

1.同じ職業・職種でも、その内容は千差万別だから。

例えば「事務職」と一口に言っても、

  • 何千人も社員がいる外資系企業の事務職から、地方の個人商店の事務職まであります。
  • 勤務先が扱っているサービス・商品も全く違います。
  • 求められる仕事内容も全く違います。
  • 勤務条件・勤務環境も全く違います。

つまり、職業・職種という分類は、物凄く広い範囲を指すんです。その全てがやりたいことの筈がありません。

その証拠に、「じゃあ、事務職だったら何でも良いんですか?」と聞くと、答えは「ノー」でしょう。そして、「あれー、事務職じゃないのかな。じゃあ何なんだろう…」と考え込むわけです。

これは、「私のタイプの異性は、日本人です」と言っているようなもの。「日本人」という分類は、物凄く広い範囲を指しています。「じゃあ、日本人なら誰でも良いんですか?」と聞かれたら、「ノー」でしょう。

一旦まとめましょう。

・そもそも職業・職種という分類自体が、物凄く広い範囲を指している!

・だから、職業・職種という分類で考えても、あなたの心にヒットしないのは当然!

2.職業・職種は、今の時代に偶々存在するものだから。

「本当にやりたいこと=特定の職業・職種ではない」2つ目の理由です。

今世の中にある職業・職種が、この先も存在するとは限りません。最近は、「将来消える仕事」といった話題もよく耳にしますよね。

そもそも職業・職種というのは、「偶々その時代にニーズがあることを、偶々誰かが仕事にしただけ」。自然現象のように、「元々存在したもの・これからも存在するもの」ではありません。

その証拠に、過去に存在した職業・職種が今はなかったり、過去に存在しなかった職業・職種が今はあったりします。

例えば、昔は電話交換手(手動で電話の中継作業を行う仕事)、街灯を点火して回る仕事等があったそうですが、今はありません。

他方、PCやネットが無かった時代には、「HPやパソコンを作る仕事」はありませんでした。

このように、職業・職種というのは、時代によって偶々存在するものに過ぎません。

でも、「本当にやりたいこと」が、偶々存在したり・しなかったりするのは変ですよね。

本当にやりたいことが特定の職業・職種なら、一度見つかっても、その職業・職種が無くならないかビクビクすることになります。

そして、もしあなたの「やりたいこと」が、今この時代に存在しない職業・職種ならば、いくら探しても見つからないことになります。

まとめ

本当にやりたいこと=特定の職業・職種ではありません!

「本当にやりたいこと=特定の職業・職種」と考えている限り、本当にやりたいことは見つかりません。つまり、「解なし」の問いに挑み続けることになります。

では、特定の職業・業種じゃないなら、一体何なのか?それはまた改めて!

著者名「新井玲央奈 」(弁護士/プロコーチ/セミナー主催者)

勉強も部活も成果が出なかった落ちこぼれから一念発起し、2006年司法試験合格。
夢であった弁護士になったが「悪くない毎日」に悩み、本を漁り読み、メンターから直接指導も受ける。2013年に人生の目的を発見して以来、「意識と行動で人生は好転する!」という信念のもと、約4年で85回以上のセミナー・講演を開催、2015年からはプロコーチとして活動。
2015年1月に独立し、現在パラレルワーカーとして働いている。

ブログ「意識と行動で人生は好転する!」を運営。