次のステージへ行くために「停滞感」を突破する方法!

次のステージへ行くために「停滞感」を突破する方法!

停滞感は、次のステージへ行くチャンス!

ここしばらく、(全部じゃないですが)仕事は楽しいし、「週末が待ち遠しい」「月曜日が憂鬱」なんて無縁の生活を送っていました。

ところが今年4月頃から、猛烈な停滞感に襲われました!

それまで楽しかった仕事も楽しめず、仕事に行くことも憂鬱。これまでの方法・モチベーションでは、これまでのようには進めない。そんな状態です。

ただ僕の経験上、「停滞感=次のステージへのドア」!

ですから停滞感を覚えた時は、「お!そろそろ次のステージに行けるのか!」と興奮します。

2つの対処法!

停滞感は、誰にでも訪れます。そして対処法は、2つあります。

1.ドアを開けて次のステージに行く

2.ドアから離れて今のステージに留まる

1.ドアを開ける方法

停滞感の正体と徹底的に向き合うことです。

そのために、コーチングを受けたり、本を読んだり、ノートに書き出したり、孤独な時間を作ったり、相談したり(但し相談相手を間違えないこと!)。

そうしている内に、いつの間にか停滞感は消えるでしょう。それは、ドアが開いて次のステージに行ったということ。

2.ドアから離れる方法

とにかく目を背けることです。

そのために、ゲームをしたり、カラオケに行ったり、散財したり、居酒屋で騒いだり、噂話・ヒソヒソ話をしたり。

そうしている内に、いつの間にか停滞感は消えるでしょう。でもそれは、次のステージに行ったのではなく、単にドアから離れただけ。本質的には何も変わっていません。

停滞感は何度でも訪れる!

面白いのは、「次のステージに行こうが、同じステージに留まろうが、停滞感は何度も訪れる」ということ。ただ、その意味は180度違います!

次のステージで出会う停滞感は、更に次のステージへのドア。

同じステージで出会う停滞感は、過去に目を背けた同じドア。

停滞感に出会う度に突破していく人は、どんどん次のステージに行って、どんどん新しい景色を見続けます。

停滞感に出会う度に目を背ける人は、ずっと同じステージで、ずっと同じ景色を見続けます。

ドアを開けるには、気分転換も必要!だけど…

「停滞感と向き合う」とは、難しい顔して机に向かうだけではありません。気分転換をしたり、思い切って休むことも大事。ただそれは、目を背けることとは正反対。常に片目ではドアを捉え続ける意識が不可欠です。

徹底的に向き合うことは、決して楽な作業ではありません(むしろ苦しい!)。必勝法もなければ、いつ開くかも分かりません。

でもそのドアの向こう側には、素晴らしい景色が広がっています。

ようやく僕も今回の停滞感を抜けましたが、1ヶ月前には想像もしてなかった景色が見えています!

まとめ

誰もが出会う「停滞感」についてお話しました。

「停滞感=次のステージへのドア」ですから、停滞感を突破できれば新しい景色が見られます。そのためには、徹底的に停滞感の正体と向き合うことです。

ドアを開けるのか?ドアから離れるのか?どちらが正解ではありません。あなたが、どうしたいかです。

本当にやりたいこと発見・実現コーチング!

本当にやりたいこと発見・実現コーチング!

本当にやりたいこと発見・実現コーチングとは?

やりたいことが分からない
やりたいことは分かっているけど、実現できていない
...

メッセージもお気軽に!

ご相談・ご質問、応援メッセージ、取り上げて欲しいテーマなどお気軽に!

Contact

各種サービスへのお申し込み、業務のご依頼、ご相談、ご質問などは、こちらからお願い致します。

サービスへのお申し込みについては...

著者名「新井玲央奈 」(弁護士/プロコーチ/セミナー主催者)

勉強も部活も成果が出なかった落ちこぼれから一念発起し、2006年司法試験合格。
夢であった弁護士になったが「悪くない毎日」に悩み、本を漁り読み、メンターから直接指導も受ける。2013年に人生の目的を発見して以来、「意識と行動で人生は好転する!」という信念のもと、約4年で85回以上のセミナー・講演を開催、2015年からはプロコーチとして活動。
2015年1月に独立し、現在パラレルワーカーとして働いている。

ブログ「意識と行動で人生は好転する!」を運営。