好奇心に従えば、人生は好転する!~今日からできる4ステップ~

好奇心に従えば、人生は好転する!~今日からできる4ステップ~

好奇心に従って行動する!

人生を変えたければ、

否、

もっとシンプルに

日々の充実感を上げたければ、

日々をもっと楽しみたければ、

「好奇心に従って行動する!」ということを猛烈にオススメします。

 

これは比較的オーソドックスな手法で、

ビジネス書にもよく書いてあります。

それなのに、

今あえて僕がオススメするのは、

この約10ヶ月でその威力を痛感したからです。

 

今日は、

「好奇心に従って行動するとは どういうことか?」

これを具体的にお話します。

 

「好奇心に従って行動する」とは?

あなたには、こういうものはありますか?

・他にやるべきことがあるのに、

ついやってしまう(やりたくなる)

・いくらやっても(買っても)飽きない

・次から次にやりたくなる(買いたくなる)

・それについて語りたくなる

・それについて調べたくなる

・これで食べていけたら最高だなと思う

・頼んででもやりたい

それがあなたにとって、「好奇心の湧く対象」です。

 

ちなみに、

ストレス発散や現実逃避のためにやりたくなることとは違います。

それ自体が、「とにかく好きだからやりたい!」とワクワクできるものです。

 

例えば、

・スポーツ

・音楽

・乗り物

・旅行

・パソコン

・機械

・写真

・イベント

・本

・服/靴/鞄/アクセサリー

・歴史

・国/地域

・芸術

・人(アーティストや有名人など)

・映画…etc

 

ここでは抽象的に「音楽」や「スポーツ」と書きましたが、

実際の対象はもっと狭いです。

スポーツ

 ↓

サッカー

 ↓

Jリーグ

 ↓

鹿島アントラーズ

このように、

「より強く好奇心の湧く対象」があるはずです。

 

好奇心を使わないのはもったいない!

多くの人は、

せっかく好奇心の湧くものがあるのに、 

好奇心に従って行動するどころか好奇心にブレーキを掛けます。

「それをやって何になるの?」

「こんなにお金使っていいの?」

「もっと『ちゃんとしたこと』をやらなきゃいけないんじゃないの?」

こんな感じで。

 

好奇心が湧くのに、

ブレーキを掛けて、

一生懸命我慢して、

一生懸命見ないようにして、

「ほどほど」で抑えようと頑張ります。

そして、

それでも抑えられない自分に罪悪感を覚え、

自分を責めてしまいます。

 

でもそれって、

猛烈にもったいないです!

むちゃくちゃ大きなエネルギー源があるのに、

それを使おうとしないんですから。

 

確かに、

湯水の如くお金や時間を費やすわけにはいきません。

人に迷惑を掛けるわけにもいきません。

手を出してはいけないものもあります。

 

でも、

それにしてもブレーキを掛け過ぎではありませんか?

 

ブレーキを離すことと、

アクセルを無闇に踏むのは違います。

ブレーキを離して、

危険のないようにアクセルを踏めば良いんです。

 

今日からやっていただきたいこと!

1.ブレーキを離す。

「好奇心に従って行動する!」と決めるということです。

裏を返せば、

「それをやって何になるの?」

「ほどほどで我慢しなきゃ」

そういう「理性的思考」を手放すということ。

2.アクセルを踏む。

「どうすれば、好奇心に従った行動を増やせるか?」

と考えることです。

もっとシンプルに言えば、

どうすればこの楽しい時間を一分一秒でも増やせるか?」

と考えることです。

「普段やらないように我慢していることを思い切ってやってみる」

正にそれだったりします。

そして、

考えた結果を行動に移します。

小さくて良いです。

トライ&エラーです。

 

「好奇心に従った行動」を増やす方法。

つい多くのお金と時間が必要だと考えてしまいがち。

例えば服が好きな人なら、

「好奇心に従った行動をするには、服を買うための多くのお金が必要だ」

という具合に。

 

でもよく考えれば、「買うこと」に限定されません。

 

例えば、

・どうすれば安く買えるか調べる。

・百貨店だと5万円のものが、楽天だと2万円の理由を調べる。

・「並行輸入品」の意味を調べる。

・個人輸入できないか調べる。

・個人輸入のために簡単な英語を勉強する。

・偽物と本物の見極め方を調べる。

・コーディネートを毎朝Instagramにポスト。

・不要になった服をヤフオクで売る。

これは全部、好奇心に従った行動。

服に興味がない人にとっては苦行でしかありませんが、

服に好奇心が湧きまくる人にとっては楽しくて仕方ありません。

 

これが、

「どうすれば、好奇心に従った行動を増やせるか?」

ということを考え、行動するということです。

 

まとめの4ステップ!

1.あなたの好奇心の湧く対象は何ですか?(先ほどお話した特徴に合致するものです。)

2.好奇心に従った行動をしようとすると、どんな声が聞こえますか?

「ブレーキ」の存在を意識してください。

3.次に、アクセルを踏みましょう。

まずは、

「好奇心に従って行動する!」と決めてみましょう!

次に、

「どうすれば、好奇心に従った行動を増やせるか?」

を考えてみましょう!

「どうすればこの楽しい時間を一分一秒でも増やせるか?」

そんなワクワク感で。

そして、

小さくて良いので行動しましょう!

4.まずは1ヶ月。

いや、1週間で良いので、

好奇心に目を向けて生きてみて下さい。

きっと違った景色が見えてきます。

好奇心に従って行動すると、

一体どんなことが起こるか?

それはまた改めて!

著者名「新井玲央奈 」(弁護士/プロコーチ/セミナー主催者)

勉強も部活も成果が出なかった落ちこぼれから一念発起し、2006年司法試験合格。
夢であった弁護士になったが「悪くない毎日」に悩み、本を漁り読み、メンターから直接指導も受ける。2013年に人生の目的を発見して以来、「意識と行動で人生は好転する!」という信念のもと、約4年で85回以上のセミナー・講演を開催、2015年からはプロコーチとして活動。
2015年1月に独立し、現在パラレルワーカーとして働いている。

ブログ「意識と行動で人生は好転する!」を運営。