Profile

新井玲央奈(弁護士/プロコーチ/セミナー主催者)

落ちこぼれだった幼少期

「弁護士」と聞くと、昔から賢かったのだと思われがちですが、全くそんなことはありません。僕は、ただただ勉強が嫌いで、ただただ成績が悪く、ただただ運動音痴な子供でした。

かといって何か秀でたものがあるわけでもなく、没頭できるものもなく、人一倍プライドが高く、繊細で、傷つくことを恐れ、人の目ばかり気になり、何事にも本気になれない。おまけにポッチャリしていたこともあり、容姿に強烈なコンプレックスを抱えていました。

落ちこぼれから弁護士へ!しかし・・・

そんな僕は、「認められたい!」「見返したい!」「このまま終わりたくない!」という思いから一念発起。オリジナル勉強メソッドを構築して司法試験に合格し、2007年12月に弁護士登録をしました。今思えば、僕を突き動かしたのは、高尚な志ではなく、劣等感と自己肯定感の低さでした。

そんな僕は、弁護士に「なること」を目標にしてきたので、弁護士になった途端に目標を失いました。目標のないまま日々忙殺され、心は擦り減っていくばかり。仕事が辛くてたまりませんでした。この状況は、「弁護士になりさえすれば、あとは全部ハッピーだ!」と信じてきた僕にとっては全く想定外。それでも「いつか報われる」と信じて頑張りましたが、全く人生は好転しませんでした。

そしていつしか、自分にこう言い聞かせるようになりました。

僕には、楽しく生きるシナリオは用意されちゃいない。楽しく生きられるのは、一部の才能ある人達だけだ。

本から学んだ、理想の人生

ところが、すがるように読み続けたビジネス書・自己啓発本には、「誰でも、楽しい人生を送れる」ということが繰り返し書いてありました。

最初は半信半疑でしたが、本を読めば読むほど様々な生き方があることを知り、次第に「僕も、こういう人生を送りたい!」という欲求を抑えられなくなっていきました(最も影響を受けたのは、千田琢哉さん、本田健さん、本田直之さん)。

人生の目的を発見

僕は、「何者でもない自分」「特別な才能なんてない自分」に向き合うことが恐怖でしかなく、ずっと逃げ回っていました。しかし2013年、重い腰を上げてようやく通った連続セミナーで自分自身と徹底的に向き合いました。

その結果、相当落ち込みました。それまで見ないふりをしていましたが、やっぱり僕には特別な才能なんてなく、これまで通りの生き方をしても何も変わらないと思い知らされたんです。

しかし同時に、「『意識と行動で人生は好転する!』というメッセージを多くの人に伝えたい」という人生の目的を発見しました。ここが、人生の大きな転換点となりました。

とはいえ、「メッセージを伝えたい」といっても、実績ゼロの僕が一体何から始めれば良いのか途方に暮れました。

そこで出会った言葉が、「小さく始めなさい」

パラレルワーカーとして小さく始める

その言葉に従い、本業を持ちながら本当にやりたいことを小さく始める「パラレルワーカー」として、実績ゼロからセミナー活動を開始。参加費500円・参加者1名、「勉強会」という名で開催したのが、僕の最初のセミナーです。

それから約4年で、85回を超えるセミナーや大学での講演を開催し、念願の東京セミナーも満員御礼となりました。

独立

自分に自信がない人生を送ってきた僕は、「独立なんて絶対ムリ!」と思っていました。でも、人生の目的に従って生きれば生きるほど、「これはもう独立しかない」と思うようになりました。

そして2015年1月、独立を果たしました。

2015年2月から開始したコーチ業では、2016年8月に米国CTI認定資格CPCCを取得、約3年で440時間以上のコーチングを提供しました。

人生の目的を見つけてから約4年半、セミナー、講演、コーチングを通じて出会ってきた人数は、延べ1400人以上に上ります。

現在

現在は、10年を迎えた弁護士に加え、

・「悪くない毎日」にモヤモヤしている人

・本当にやりたいことを実現させたい人

・本当にやりたいことが分からない人

・自分軸が定まらない人

・自信が持てない人

などに対し、セミナー、コーチング、ブログなどの活動を行うパラレルワーカーとして働いています。また、”生涯で100冊”を目標に、出版も目指しています。

あなたは今、どんな毎日を送っていますか?

数多くの方と対話を続ける中で、次のようなお悩みを何度も耳にしました。

・自信がない

・なんだか物足りない

・つい人と比べてしまう

・判断力・決断力が足りない

・もっと自由に生きていきたい

・なかなか行動できない・続かない

・周りからどう思われるか気になる

・本当にやりたいことが分からない

・本当にやりたいことをやって生きたい

・何に向かって頑張れば良いのかわからない

あなたも、当てはまるものはありませんか?

不幸じゃないけど、一生このまま?

でもあなたは、決して「不幸」ではないはずです。

なぜなら、

・仕事が嫌でたまらないわけではないし、

・生活に困っているわけではないし、

・それなりに自由になるお金や時間はあるし、

・職場も悪い人ばかりじゃないし、

・家族や友達もいるし、

・旅行や趣味も楽しんでいるはずだからです。

でも・・・

「このまま一生、今と大差ない人生が続く」

そう想像すると、複雑な気持ちになりませんか?

本当にやりたいことを見つけて、もっと自由に、もっと笑顔で、自分の強みを活かして人の役に立ちながら生きたいと思いませんか?

・・・とは言っても、

・特別な才能も実績も資格もない。

・今の環境を捨てるわけにもいかない。

・今以上を望むのは贅沢な気もする。

・今でも十分幸せだと思わなきゃいけない気もする。

こんな風に振り子のように揺れ、『何か』を変えたいけど、一体何をどう変えれば良いのか分からない。

そんな毎日を僕は、「悪くない毎日」と呼んでいます。

そして先ほど上げた様々な悩みは、この「悪くない毎日から抜け出したい」というテーマに集約されます。

悪くない毎日で失っているものは?

あなたが今「悪くない毎日」を送っていることで、そして今後も送り続けることで、

・今失っているもの、この先失うものは何でしょうか?

・本来得られるはずなのに、得られていないものは何でしょうか?

それは、日々の充実感、自己肯定感、仕事を楽しむこと、人との出会い、そういったことかもしれません。

悪くない毎日を抜けだすことで得られるものは?

もし「悪くない毎日」を抜けだして、理想の人生を描き、理想の人生に向けて歩み続けたら、どんなことが起こるでしょうか?たとえば、こういうことが起こるはずです。

・判断・決断が早くなる。

・「自分の幸せ」と「人の幸せ」を同時に叶えられる。

・自分に生まれてよかったと思える。

・毎日ワクワクして生きられる。

・人と比べることが減る。

・周りから魅力的に映る。

・ポジティブな毎日になる。

・行動力が湧いてくる。

・奪い合うのではなく、分かち合い、共に創造することを考える人に囲まれる。

・失敗を恐れずチャレンジするようになる。

・悪口・陰口・噂話をする人との付き合いが減る。

・本当の自分を出しても否定されない場所に居られる。

・あなたがやりたいことを「いいね!」「やったらどう?」と応援してくれる仲間に出会える。

これらはすべて、悪くない毎日から脱出する過程で僕の身に起こったことです。想像するだけで、ワクワクしてきませんか?

僕も悪くない毎日を送っていました

何を隠そう、僕は典型的な「悪くない毎日」を送っていました。だから、悪くない毎日にモヤモヤする方の気持ちがよくわかります。

そんな僕でさえ、人や本との出会いによって「人生の目的」を発見し、人生が180度変わりました。悪くない毎日にモヤモヤしていた日々が嘘かのように、今はワクワクしながら生きています。

もちろん、やりたくないこと、やるべきこと、面倒なことも少なくないですが、「自分の人生を生きている」という確かな感覚があります。「それはあなただから出来たんですよ」と言われることもありますが、僕には特別な才能も人脈もありません。

なぜ僕が変われたのか?

それは、

  • 「本当にやりたいことで埋め尽くす人生を生きたい!」という欲求を認めたこと
  • そのために時間・労力・費用を掛けようと決意し、実行したこと

掛けられる時間・労力・費用は人それぞれですが、「今自分にできることをやる」ことがポイントです。特別な才能なんて不要です。僕にできて、あなたにできないなんてことは、ありません。

人生好転の法則

僕自身が数年掛けて「悪くない毎日」から脱出した経験。セミナー、コーチング、講演などを通じて多くの方と対話をしてきた経験。

そこから導き出した答えは、「意識と行動で人生は好転する!」ということ。才能の問題でも、学歴の問題でも、スキルの問題でも、実績の問題でも、運命の問題でもありません。

意識と行動とは

意識→ベクトルの向き。

行動→ベクトルの長さ。

向きが間違っていれば、いくら伸ばしても思う結果は得られません。サッカー選手になりたいのに、毎日必死で素振りをしても意味がないのと同じです。また、向きが合っていても、伸ばさなければ(=行動しなければ)思う結果は得られません。

両輪あってこそ、あなたが理想とする人生に近づくことができます。

あなたの可能性を120%信じてサポートします

僕がご提供するサービスは、すべてこの「意識と行動で人生は好転する!」という信念に沿って作られています。複数のサービスが併存しているのは、人それぞれニーズや状況が違うからです。ただ、そこに流れる信念は、全く同じです。

伴走者の存在

理想の人生に近づく上で極めて有効なことは、「伴走者を持つこと」です。あなたの可能性を120%信じて疑わず、あなたのことを常に応援してくれる人の存在です。僕自身、伴走者がいなければ、ここまで来られなかったと断言できます。

「人は一人では生きられない」という抽象論ではなく、人生の目的を発見するきっかけとなった連続セミナーの講師の方、偉大なるメンター、今でも毎月受けているコーチングのコーチ、セミナーづくりにいつもアドバイスを下さった方など、僕の可能性を信じて伴走してくれた方々のおかげです。

そして今度は僕が、あなたにとってそんな存在になれれば、こんなに嬉しいことはありません。

最後に

人生を変えるとは、「いつか大きなことをやること」ではありません。

人生を変えるとは、「今から小さなことを始めること」です。

早すぎることも、遅すぎることもありません。

今あなたが変わりたいと思うなら、それがあなたにとってベストタイミングです。

あなたは、

「あの時夢を追いかけなかったことを後悔する人生」を送りますか?

「今から夢を追いかけると決意する人生」を送りますか?

これは、どちらが正しいかの話ではありません。

あなたが、どちらが好きかという話です。

著者名「新井玲央奈 」(弁護士/プロコーチ/セミナー主催者)

勉強も部活も成果が出なかった落ちこぼれから一念発起し、2006年司法試験合格。
夢であった弁護士になったが「悪くない毎日」に悩み、本を漁り読み、メンターから直接指導も受ける。2013年に人生の目的を発見して以来、「意識と行動で人生は好転する!」という信念のもと、約4年で85回以上のセミナー・講演を開催、2015年からはプロコーチとして活動。
2015年1月に独立し、現在パラレルワーカーとして働いている。

ブログ「意識と行動で人生は好転する!」を運営。