未分類

好奇心に従う秘訣は、「で、どうなるの?」と考えないこと。

前回、

好奇心に従って行動すると人生が好転する理由は、

好奇心に従って行動する内に雪だるま式に色んなことが起きるから

とお話しました。

色んなことが起きると聞くと、

「お!そりゃあ良い!!それなら好奇心に従って行動してみよう!」

と思うかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。

「それなら」という部分が違います!

 

色んなことが起きるのは、結果論

「色んなことが起きる」というのは、

好奇心に従って行動したら、「結果として」起きることです。

決して、

結果を得たい

だから好奇心に従おう

という順序ではありません。

好奇心に従った

だから結果が出た

という順序です。

「色んなことが起きるらしい。

『それなら』、好奇心に従って行動してみよう!」

という発想だと、

起きることは限られてきます。

 

なぜなら、

好奇心の他に余計なものが混じってしまうからです。

これだと、

好奇心本来の威力が発揮されません。

 

好奇心に従うということは、目的達成のための手段ではなく、

それ自体が目的です。

好奇心に従うということは、

「未来のために生きる」のではなく、

「ひたすら今を生きる」ということです。

今楽しくてたまらんから、やる。

「で、どうなるの?」

「何の意味があるの?」

そういうことは、考えない。

「今、今、今」です。

 

ポイントポイントで、

色んなことを「起こす」戦略は必要ですが、

基本は「今」を楽しむことです。

 

「色んなことが起きて、人生が好転していく」

これを知識として知りつつ、

決してそれを目的にしない。

この絶妙なバランスが重要です。