本当にやりたいことの発見・実現

「本当にやりたいこと」とは、「人や社会に、こういう影響を与える存在でありたいと思えること」

本当にやりたいことを見つけるために極めて重要なことは、「本当にやりたいことを見つける方法を知ること」です!

前回、「本当にやりたいこと=特定の職業・職種ではない!」とお話しました。

「じゃあ、一体何なの?」という話になりますよね。今回は、僕の答えをお話します。

「本当にやりたいこと」とは?

結論を言いましょう!

「本当にやりたいこと」とは、「人や社会に、こういう影響を与える存在でありたいと思えること」です!

「思えること」というのは、「できればそうしたい」というレベルではありません。

心が震えるような、心の底から喜びが湧き上がるような、いくらでもパワーが湧いてくるような、それくらい強く思えることです。

人間の命は有限です。その有限の命、残された人生を使って、こういう存在でありたいと心から思えることです。

今は見つかってなくても大丈夫です。そんな簡単に見つかるなら、誰も苦労しません。まずは、「そういうものなんだ」と思って読み進めて下さい。

探しものを特定する!

「本当にやりたいこと」を探している人は沢山いますが、「じゃあ、その探そうとしているものが何なのか?」を分かっていない人も少なくありません。

探しものを見つけやすくする方法は、探しものを特定することです。プレゼントを探すときも、「何か喜んでくれそうなもの」だとなかなか見つかりませんよね。

ですから僕は、「本当にやりたいこと」=「人や社会に、こういう影響を与える存在でありたいと思えること」と特定しました。

ということは、「本当にやりたいことを見つける」とは、「自分は、人や社会に、どういう影響を与える存在でありたいと思うのかを見つける」という意味になります。

  • 私、別に人や社会に影響を与えたいとか思ってないです。
  • 私なんかが、人や社会に影響を与えられるとは思ってないです。

そう思った方も多いはずですが、後日説明しますので一旦流して下さい。

例えばどういうこと?

僕の「本当にやりたいこと」は、「意識と行動で人生は好転するということを伝える存在でありたい」ということ。

他にサンプルを挙げると、

・人が生まれ持った才能や力を発揮させる存在でありたい

・穏やかな心を取り戻させる存在でありたい

・心身の健康を守る存在でありたい

・世の中の不便・不自由を失くす存在でありたい

こんな感じです。

ポイントは、「本当にやりたいことは、抽象的である」ということ。

「本当にやりたいこと」は、具体的な仕事・活動を指すものではありません。

「どんな仕事や活動をするかは分からないけど、とにかくこういう影響を与える存在でありたい」。これが「本当にやりたいこと」です。

そして、その「本当にやりたいこと」を実現する手段として、仕事を始めとした活動をするわけです。

ですから、まず考えるべきは、目的。つまり、「自分は、人や社会に、どういう影響を与える存在でありたいのか?」ということです。

まとめ

  • 「本当にやりたいこと」とは、「人や社会に、こういう影響を与える存在でありたいと思えること」。
  • 「本当にやりたいことを見つける」とは、「自分は、人や社会に、どういう影響を与える存在でありたいと思うのかを見つける」ということ。
  • 仕事は、「やりたいことそのもの」ではなく、「やりたいことを実現する手段」。
  • まず考えるべきは、目的。つまり、「自分は、人や社会に、どういう影響を与える存在でありたいのか?」ということ。