動画

YouTubeはすぐに稼げる?広告を貼れる条件と難易度を解説!

「YouTube動画が再生されると広告収入が入る」って聞いたんだけど、誰でも広告を貼れるんだろうか?

もし条件があるなら、簡単にクリアできるのかな…

今回は、そんな疑問にお答えします!

「ユーチューブを始めよう」という方は、一度確認してみて下さい。

結論

1.広告を貼るには一定の条件が必要。

2.簡単にクリアできる条件ではありません。

3.でも、ちゃんとやれば超えられないハードルではありません。

前提としてよく耳にする「広告収入」とは、

自分の動画に広告を貼る→再生される→広告収入が入る

という仕組みです。

1.広告を貼るには一定の条件が必要

正直、「誰でも広告を貼れて、(たとえ僅かでも)広告収入が入る」と思ってました。

違うの!?

広告を貼るには、以下の条件をクリアする必要があります。

チャンネル登録者数が 1,000 人、かつ過去 12 か月の公開動画の総再生時間が 4,000 時間(YouTubeヘルプより引用)

ブログの場合は、開設初期でもGoogleアドセンスやAmazon・楽天のアフィリエイトリンクを貼れます。
審査はありますが、人によっては数記事でもクリア可能。

でもYouTubeでは、上記条件を満たすまで「広告収入ゼロ」!

2.簡単にクリアできる条件ではありません。

「登録者1,000人」という数字、どう思われますか?

視聴者の立場だと、1,000人なんて少なく見えるでしょう。

でも実際やってみると、全く簡単ではありません!

このことを端的に表すのが、登録215万のYouTuberの方のツイートです。

ブログやTwitterでかなり影響力がある方でも、YouTubeを伸ばすのは簡単じゃない、と証言されています。

例えば現在登録者30万人のマナブさんは、Twitterで3,4万人のフォロワーがいたのに、YouTube初期の登録者は1,200人程だったそうです(ブログでも、かなり影響力をお持ちの方です)。

最初から1,200人でも凄いんですが、「マジで伸びない」と言われています。

もちろん「10万人行くと思ったら1万人だった」という「伸びない」と、「1,000人行くと思ったら100人だった」という「伸びない」は次元が違います。

ただ、「思ったほど伸びない」と思っておいた方が良いと思います。

試しに、人気チャンネル「以外」を見てみよう

・100本上げても数百人!?
・結構クオリティも高いし、本数も多いのに登録者これだけ!?
そういうチャンネルは多いです。

もちろん無名の状態から、短期間・少ない本数で伸びる方もいます。

ただそういう事例を鵜呑みにして、「自分でも簡単に出来そう」と思わない方が良いでしょう。

3.でも、ちゃんとやれば超えられないハードルではありません。

先程ご紹介した基準は、2018年に厳しくなった基準です。以前はもっと緩かったです。

今の条件は、

「小手先のテクニックでは超えられないけど、ちゃんとやれば超えられる」

そういう絶妙なラインを設定したんだと思います。
「報われるべき人が、ちゃんと報われる」というイメージです。

決して、特別な才能や斬新な企画なんて必要ありません。

研究と試行錯誤を繰り返して、とにかく定期的に公開し続ける。
そうすれば、「遅かれ早かれ超えられるハードル」だと思います。

ちなみに「過去12か月の公開動画の総再生時間が4,000時間」というもう一つの条件は、登録者1,000人を超えれば遅かれ早かれ付いてくる数字だと思います。

「広告収入を得たい」という方は、まずは登録者1,000人を目指しましょう!

まとめ

YouTubeから収入を得る典型例、「広告」を貼るための基準と難易度を解説しました!
見ている分には「簡単そう」と思える基準ですが、実際やってみると簡単ではありません。
なんとなく「やってみようかな」と思っている方は、一度確認してみてください。