セミナー

4/4オンラインセミナー【プロコーチと弁護士が解説!】コーチが知っておくべき実務知識&法律知識〜守秘義務編〜

・プロコーチとして20年のキャリアを持つ赤木広紀

・弁護士として12年のキャリアを持つ河野佑宜

・弁護士として12年・プロコーチとして5年のキャリアを持つ新井玲央奈

この3人が、コーチに特化した「トラブル予防・解決に関する実務知識&法律知識」をお伝えするセミナーを企画しました!

第1回目となる今回のテーマは、「守秘義務」です!

これからコーチとして活動される方でも、既にコーチとして活動されている方でも大歓迎です。

ZOOMを使ったオンラインセミナーなので、世界中どこからでも受講して頂けます。

【参加者2大特典!】

①何度でも復習して頂けるよう、当日の様子を録画した動画をプレゼント

②弁護士が作った、「契約書に入れておくべき守秘義務条項」のひな形をプレゼント

守秘義務について、正しい知識をお持ちですか?

守秘義務は、コーチングを学ぶ過程で必ず学びます。

そして、コーチを続ける上で常に気を付けているはずです。

ではあなたは、次の質問に答えられますか?

・守秘義務とは何か?

・一体どこまで秘密にする必要があるのか?

・守秘義務に違反したら、どんな責任を負うのか?

・守秘義務について、契約書にどう書いておくべきか?

・クライアントの違法行為を知ってしまった場合でも、秘密にする必要があるのか?

・クライアントの違法行為を黙っていたら、自分まで責任を負うことにならないか?

・クライアントの職業や年齢を抽象化して、SNSや自分の実績に書くのはOKなのか?

コーチとして安心・安全に活動するには、「実務知識」と「法律知識」の両輪が必要!

守秘義務に違反すれば、クライアントとの関係は悪化し、周囲の評判・信用を落とすこともあります。

そして場合によっては法的責任を負うこともあるので、一定の「法律知識」が必要です。

ところが、コーチングスクールで法律知識をしっかり学ぶことはできません。
コーチ業に特化した法律書も、見たことがありません。

またコーチとして安心・安全に活動するには、「実務知識」も必要です。

なぜなら、法律的に問題はなくても相手とトラブルになることもあるからです。

そういったトラブルを予防するには、
・クライアントとの信頼関係の築き方
・「コーチング」について過度な期待や誤ったイメージを相手に持たせないような伝え方
こういった、法律には書いていない実務知識が必要です。

つまり「実務知識」と「法律知識」の両輪が揃ってこそ、安心してコーチとしての道を歩むことができるでしょう。

もしあなたが、交通ルールを知らないまま車を運転したら、「自分はちゃんとルールを守れているだろうか?」とビクビクしながら運転することになりかねません。

ルールを知っているからこそ、私たちは安心してドライブを楽しむことができるのです。

そう、私たちはルールを知れば知るほど、安心して自由に行動できるのです。

ルールはあなたを縛るものではなく、あなたと相手の双方を守るためにあります。

コーチングのプロ&法律のプロが解説!

このセミナーは、

・実務的な知識をプロコーチから
・法律的な知識を弁護士から

同時に学んで頂ける形式にしました。

ネット上の知識は、真偽が分かりません。

また法律用語は難しくて、果たして自分のケースに当てはめて良いのか迷うことも多いでしょう。

そこでコーチが出会いそうな具体的な事例を使って、分かりやすく解説します。

いずれ学ぶなら、早いに越したことはありません。

あなたとあなたの大切なクライアントの方々のために、ぜひ、この機会に学んでみませんか?

セミナー概要

内容(例)

・守秘義務とは?

・守秘義務の範囲とは?

・守秘義務に関して、契約書に書くべきこととは?

・法人と契約して社員をコーチングする場合の注意点とは?

・クライアントの違法行為を知ってしまった場合の対処法とは?

・SNS・ブログ・HPで発信する場合の守秘義務上の注意点とは?

・守秘義務に違反した場合の法的責任とは?(民事責任・刑事責任の違い等)…etc

日時

2020年4月4日(土)13:30〜15:30

開催方法

ZOOM(参加費の決済後に専用URLをお送りします)

※ZOOMは、他の参加者の名前が見られる仕様になっております。

「参加していることを知られたくない」という方は、事前に表示名を変更した上でご参加下さい。

参加費

3,300円(税込)

お支払い方法

PayPalから事前にお支払い下さい

※後述のフォームからお申込み頂いた後、決済URLをお送りします。

キャンセルについて

キャンセルはお受けできません。

ただし当日欠席された場合でも、セミナーを録画した動画をデータにてお渡しします。

特典

・セミナーを録画したデータ

・弁護士が作った、「契約書に入れておくべき守秘義務条項」のひな形

講師プロフィール

赤木広紀(プロコーチ)

国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)/株式会社ファインネットワールド代表取締役

2001年にコーチとして独立後、『本来の自分に気づき、本来の人生を生きる』 というミッションのもと、経営者、会社員、公認会計士、税理士、医師、コーチ、アスリートなど311名の多種多様な職業・年代に対し、計5344回のコーチングセッションを提供(2020年1月1日現在)。

また、コーチ向け勉強会の開催、コーチングスクール「Art of Coaching」の講師、ビジネススクール(大学院)でのコーチング研究会の主催なども行っている。

HP:https://www.finenetworld.com/

河野佑宜(弁護士)

こうの法律事務所代表弁護士。

弁護士として12年のキャリアを持ち、1100件以上の民事・刑事の法律トラブル解決・相談業務に携わり、大学やロースクールでの後進指導にも力を入れる。また、HP・広告・ラジオ・動画・イベント等を通じた京都弁護士会の広報を担う「広報委員会」の委員長を4年以上務める。

HP:https://law-kouno.jp/

新井玲央奈(パラレルワーカー弁護士)

勉強も部活も成果が出なかった落ちこぼれから一念発起し、2006年司法試験合格。

夢であった弁護士になったが「悪くない毎日」が続くことに悩み、本を漁り読み、メンターから直接指導も受ける。

2013年に人生の目的を発見して以来、「意識と行動で人生は好転する!」という信念のもと、約4年で85回以上のセミナー・講演を開催。

2015年からコーチとして活動し、2016年8月に米国CTI認定資格CPCCを取得、約3年で440時間以上のコーチングを提供。

動画制作(撮影・編集)・ブログ運営・YouTube等も手掛ける。

2015年1月に独立し、現在はパラレルワーカーとして働く。

HP:https://reo7a.com/
Twitter:https://twitter.com/reo_arai