行動力の身に付け方

行動を変える鍵は、「今のやり方じゃダメだ」と本気で気付くこと

SNS・ブログ・本などを見れば、行動するためのノウハウって沢山ありますよね。

アドバイスをして下さる方も、いらっしゃいます。

でも、なかなか行動を変えられないことってありませんか?

例えば、

・HPを作った方が良い

・もっと営業した方が良い

・SNSやYouTubeで発信した方が良い

・ダイエットしたいなら、運動した方が良い

・やりたいことを見つけるには、これをやった方が良い

こんな風に、頭では「そうなんだよな〜」と思っても、なかなか行動できないイメージです。

僕は、よくあります。

昔からそうですし、今もそうです。

でも、行動を変えられることもあるんです。

「どういう時に行動を変えられるか?」って考えたら、一つ答えが出ました。

それは、「今のやり方じゃダメだ」って、本気で思えるかどうかです。

本気で思えた時は、行動を変えられます。

本気で思えてない時は、行動を変えられません。

どうすれば、「今のやり方じゃダメだ」って思えるのか?

それは、「今のやり方」を散々試して、全部行き止まりだって知ることです。

そうすることで、「今のやり方を変えないと、次のステージに進めないんだな〜」と自覚できます。

そこでようやく、行動を変えられます。

これは「頭で理解する」というより、「心から腑に落ちる」っていう感じです。

人から色々言われても、本人が腑に落ちてないと、なかなか行動は変わりません。

そもそも人間は、行動を変えるのが苦手です。

なぜなら人間にとって大事なのは命の安全で、「新しいことをやる=命が脅かされるかも」と考えるからです。

それに、新たに時間・労力・費用・リスクを掛けるっていうのは、やっぱり避けたいものです。

だから、「今のやり方」で成果を出したいと思うのは当然です。

やって頂きたい2つのこと

①「今のやり方」を散々試す

誰かが「もっとこうした方が良い」「そんなやり方じゃダメだよ」と言っても、一旦無視する位の気持ちでOKです。

その代わり、「今自分が良いと思っているやり方」を散々試して下さい。

なぜ散々試すかというと、「今のやり方を変えないと、次のステージに進めないんだな〜」と腑に落ちるためです。

散々試さないと、

・やり方がマズいから成果が出ないのか
・やり方は合ってるけど、やってないから成果が出ないのか

どちらか分かりません。

その状態だと、「やれば成果は出るけど、忙しくてやれてないだけ」という言い訳になって、時間ばかりが過ぎていきます。

もちろん、試してみることで、成果が出ればそれに越したことはありません。

ちなみに散々試すといっても、当たり前ですが、無茶はやめて下さい…。次のステージがありますので。

②できるだけ短期間で試す

今のやり方を散々試す場合、できるだけ短期間で行います。

なぜなら、次のやり方に変えても、いつかまた「今のやり方じゃダメだ」っていう時が来るからです。

今のやり方じゃダメ
→やり方を変える
→今のやり方じゃダメ
→やり方を変える…

このサイクルをできるだけ早く回すことで、どんどん遠くまで行けるようになります。

できるだけ短期間で行うコツは、行動量を増やすことです(ここで言う「行動」は、今のやり方でOK)。

そして行動した後は、「なぜ思うような成果が出ないのか」を検証することも大事です。

「短期間」と言っても、ある程度の期間は必要です。

たとえやり方が合っていても、成果が出るには、ある程度の期間は必要だからです。

「どれくらいの期間」というのは一概に言えませんが、きっと自分で、「これではダメだ」と思える時が来ます。

僕の体験談

以前は、実名も出さず、職業も明かさず、SNSも使わず、ただブログを書いていました。

誰かがそのブログを見て、「本を出しませんか?」と言ってくれることを期待してました。

実名発信で、職業を明かしたほうが良いというのは「頭では」分かっていましたが、腑に落ちてなかったんです。

でも当たり前ですが、ミラクルは起きませんでした。

そこでようやく「今のやり方じゃダメなんだな」と腑に落ちて、やり方を変えました。

別の時期の話ですが、自分から売り込むことが嫌だったので、やりませんでした。

そして、自分で良いと思っているやり方を散々試しました。

確かに一定の成果は出ましたが、理想には程遠かったです。

そこでようやく「今のやり方じゃダメなんだな」と腑に落ちて、やり方を変えました。

そうやって結局、本やSNSで見聞きしたやり方にシフトしていきました。

「最初からそうやれば良かったのに」というのは、理屈上はそうです。

ただ本人が腑に落ちてないと、行動を変えられないんですよね…。

まとめ

頭では分かっていても、なかなか行動を変えられない理由と、その対策をお話しました。

「今のやり方を変えないと、次のステージに進めないんだな〜」と本気で思えないと、なかなか行動は変わりません。

そのために、誰かが「もっとこうした方が良い」と言っても、①できるだけ短期間で、②「今自分が良いと思っているやり方」を散々試して下さい。

それを続けると、きっと、「あぁ、やっぱりそうだよな」と腑に落ちる瞬間が訪れます。