好きを仕事に

「Noばかり言う人」は、人生を変えられない!何にYesを言うか意識しよう

人間というのは、見聞きしたものに対して「No」を言うのは簡単です。

そして放っておくと、つい「No」ばかりになります。

だけど人生を変えるために大切なのは、「何にYesを言うか」です。

この意識を持っておくだけで、「あ、Noばかりになってるな」と気付くことができ、「何にYesを言うの?」という問いを持てるようになります。

「Noを言う」とは?

SNSを見たり、誰かの話を聞いたりして、

・あの仕事は嫌だ

・そのやり方は嫌だ

・それはやりたくない

・ああいう人は好きじゃない

・ああいう生活はしたくない

こんな風に思うことを指します。

Noと言うことは、一見選択しているように見えます。

でもNoを言うだけでは、実は何も選択していません。

「あれも嫌、これも嫌。じゃあ、何が良いの?」という答えがないからです。

結局、見聞きしたものを拒否しているだけ。

それなら、赤ちゃんでもできます。

NoとセットでYesを言おう!

大事なのは、「NoとセットでYesを言うこと」です。

「Yesを言う」とは、「自分は何を選び、何に時間・労力・お金を注いでいくのか?」ということです。

AとBはやらない。でも、Cをやる。

これが、「NoとセットでYesを言う」ということです。

Noだけでは、人生は変わりません。

積極的に選んでいない以上、何に時間・労力・お金を注いでいくか決まってないからです。

僕は、「人生の9割は逃げて良い」と思っています。

つまり、9割にNoを言って良い。

でもその代わり、Yesを言う1割を見つけないといけません。

実は「No」も大事!

Yesを実現するために、Noを言うことも大事です。

Noを言わずに何でも受け入れていると、Yesに注ぐ時間・労力・お金が不足するからです。

確かに「良い人」になれるかもしれませんが、いつも周囲に時間・労力・お金を奪われ、自分の人生に投資できません。

じゃあ、何にNoを言うか?

それは、人付き合い、時間の使い方、お金の使い方など、人生のあらゆる事柄です。

例えば、「人生を変えること」にYesを言ったのなら、これまでの時間・労力・お金の使い方にNoを言わなければなりません。

「大好きな人と時間を過ごすこと」にYesを言ったのなら、嫌いな人や好きでも嫌いでも無い人との付き合いにNoを言わなければなりません。

YesとNoはワンセット。表裏です。

僕自身、意識しないとNoばかり言っちゃいます。

そんな自分に気付いたら、「じゃあ僕は、何にYesを言うの?」と自問するようにしています。

質問は意識を変えますので、頭の片隅に留めておいて下さい。

まとめ

「あれはやりたくない」「そのやり方は嫌だ」

こんな風に、つい「No」ばかり言ってしまいます。

でもNoを言うだけでは、実は何も選択していません。

かと言って、何にでも「Yes」を言ってると、自分の人生を生きられません。

ぜひ、「NoとセットでYesを言うこと」を意識してみて下さい!