LifeStyle

音声メディアを聴くべき理由【AmazonのAudible(オーディブル)レビュー付】

皆さんは、歩いている時、運転している時、家事をしている時、ストレッチをしている時など、何をしていますか?

「何を?」と聞かれても、ピンとこないかもしれません。

僕は「耳が空いている時」は、音声メディアを聴いています!

ここで言う「音声メディア」は、音楽ではなく、ポッドキャスト・ラジオ・オーディオブックなど。

ラジオといってもFMやAMではなく、インフルエンサーや有名人の番組、語学学習の番組、ニュース番組などがあり、いつでも聴けて、早送りや巻き戻しもできて、過去の放送も聴けます。

今回は、この音声メディアを聴くべき理由、そしてAmazonの「Audible (オーディブル)」をご紹介します!

今まで興味がなかった方でも、「インプットの選択肢の一つ」として知っておくのがオススメです。

音声メディアがきてる!

体感的には2020年から、明らかに音声メディアのトレンドがきてます。

YouTubeに力を入れていたインフルエンサーも、次々と参入。

そして2021年に「Clubhouse」が話題となり、これまで「聴く習慣」がなかった層も巻き込みました。

インフルエンサーも音声メディアをオススメ

音声メディアを聴くべき理由!

忙しい中で、読書や学びの時間を取るのは大変です。

しかし音声メディアの一番のメリットは、「ながら聞き」ができること。

日常の中で「○○の時は音声を聴く」と決めておけば、わざわざ時間を取る必要もありませんし、時間を有効に使えます。

忙しい毎日でも、情報収集が出来たり、色んな人から学びを得たり、語学学習などができる。

これが、僕が思う「音声メディアを聴くべき理由」です!

例えば僕は、通勤やお昼を買いに行くだけで、毎日30分は歩きます。加えて、15分ほど運動します。

それで1年ほど前から、移動中や運動中に音声メディアを聴くようになりました。

最初は聞き忘れたり、面倒で聴かないこともありましたが、すぐに習慣化。

今では毎日、ニュースを聴いたり、インフルエンサーから刺激をもらったり、ビジネスアイディアをもらったりしています。

Audible(オーディブル)始めました!

画像出典:audible

オーディブルとは、プロのナレーターが読み上げた本を、アプリで聴けるサービス。

僕はこれまで、1,000冊以上のビジネス書・自己啓発本を読んできました。

そして音声メディアを使えば、もっと効率的に本を吸収できると思い、利用スタート。

もちろん最初は、

「使いにくいんじゃない?」

「ちゃんと頭に入るのかな?」

そういった疑問もありました。

ところがオーディブルは、30日間の無料体験が可能!

無料体験でも、通常2,000円〜3,000円するオーディオブックが一冊無料でもらえます。

しかもさすがAmazonで、40万冊以上を配信中。

ベストセラーや有名な方の本もたくさんあって、かなり充実しています。

もちろん、無料体験期間中に退会もできます。

無料体験終了後は、月額1,500円で、毎月3つのコンテンツを楽しめます。

①自由に選べるオーディオブック1冊

②無料でもらえるボーナスタイトル1冊

③聴き放題のポッドキャスト

オーディブルの使い心地は?

まだ使い始めて短いですが、とにかく新鮮です!

バックグラウンド再生ができるので、メモアプリでメモしながらでも、画面をオフにしていても聴けます。

再生速度は、0.5倍〜3.5倍で調整可能。

ちょっと戻る・進むもワンタッチです。

そして使ってみて気付いたのは、「声だと頭に入りやすい」ということ。

プロのナレーターさんが読んでいるだけあって、声の抑揚や感情を込めた話し方で、講演を聴いているような感覚。
フレーズが、頭に残りやすく感じました。

ただ「ながら聞き」なので、複雑な話を体系的に理解するのは難しい気がしました。

今後は、「本の方が向いてるもの」「音声の方が向いてるもの」を見極めていこうと思います。

食わず嫌いせず、一度体験するのがオススメ!

音声メディアに慣れていない方も多いと思いますし、向き不向きもあります。

ただ間違いなく、有効な情報収集ツールです。

今なら無料で体験できるので、一度試して選択肢を増やしておくのもオススメです。

ツールも大事!

Appleの「AirPods Pro」はワイヤレスですし、iPhoneに爆速でつながりますし、音質も良いです。

そして、周囲の騒音を軽減する「ノイズキャンセリング」も抜群。

生活が一変しました。

 

まとめ

トレンドが来ている「音声メディア」を聴くべき理由、そしてAmazonの「Audible (オーディブル)」をご紹介しました!

音声メディアは、最初は抵抗ありましたが、すぐに習慣化。

「ながら聞き」で、日々学びを得られています。

オーディブルは無料で体験できるので、一度体験して選択肢を増やしておくのもオススメです!

僕もラジオ放送中です!