弁護士

弁護士は素晴らしい仕事。だけど、誰もが幸せになれるとは限らない。

僕は2007年に弁護士登録した、60期の弁護士です。

丸7年京都市内の法律事務所に勤務し、2015年に独立。

今はパラレルワーカーとして、弁護士業だけでなく、HPや動画制作などを通じて士業をサポートする仕事もしています。

この記事でお伝えしたいことは、

周りが何と言っても、あなたが辛いと感じるなら、それがあなたの正解

ということです。

おそらく大半の人は、「何を言ってるんだ!」と思うはずです。

だけど、誰か一人でも、心が軽くなって欲しいと思って書きます。

弁護士という仕事は、素晴らしい仕事です。断言できます。

(他の仕事と比べて云々という意味ではなく、弁護士という仕事単体を見て言っています)

弁護士にしか出来ないことは、たくさんあります。

弁護士だからこそ、守れる命・権利・財産があります。

僕も弁護士として、多くの感謝を頂きました。

涙を流して感謝してくださる方もいらっしゃいました。

ただそんな素晴らしい仕事であっても、弁護士になれば全員幸せになれるとは思いません。

「弁護士という仕事の素晴らしさ」と、「その人が弁護士になって幸せになれるかどうか」というのは別物だと思うのです。

もちろん一口に「弁護士」と言っても、色々な働き方があります。

ただ少なくとも、「弁護士になりさえすれば幸せになれる」とは思えないのです。

 

これは、考えてみれば当たり前ではないでしょうか。

どんな名作も、どんな名曲も、どんな名画も、どんな食事も、どんな服も、どんな場所も、合う・合わないは必ずあります。

誰かにとってNo.1の映画が、他の誰かにとってもNo.1とは限りません。

「全然面白くない」と感じても、何ら不思議ではありません。

 

仕事も、それと同じです。

誰かにとって「天職だ!」と思える仕事が、他の誰かにとっても天職とは限りません。

「全然面白くない」どころか、辛くて、苦しくて、心身を壊してしまう人だっているでしょう。

弁護士だって、例外ではないと思うのです。

「弁護士が辛い」

「弁護士を辞めたい」

そんなことを口にすれば、

「贅沢だ」

「せっかくなったのにもったいない」

そんな言葉を掛けられるかもしれません。

しかも弁護士は、膨大な時間・労力・お金を掛けて、厳しい試験を突破して、ようやくなれる職業です。

ですから、そう簡単に方向転換出来ない気持ちも痛いほど分かります。

でもやっぱり、合う・合わないはあると思うのです。

だから、もしあなたが、「弁護士が辛い」「辞めたい」と感じるなら、それはあなたにとっての正解です。

「他の誰かにとって」ではなく、「あなたにとって」の正解。

 

もちろんどんな仕事でも、辛い部分・大変な部分はあります。

ちょっと辛いからと言って、「合わない」と決めつけるのも良くありません。

だけど、そのレベルを超えて「辛い」「苦しい」「辞めたい」と思うなら、その気持ちに蓋をしてはいけないと思うのです。

「仕事っていうのは、辛いものだよ」

「もっと辛い想いで頑張ってる人がいるよ」

「あなたの努力や我慢が足りないからだよ」

「皆我慢してるんだから、逃げてはいけないよ」

「ここで逃げたら、一生逃げ続ける人生になるよ」

そうアドバイスしてくれる人もいるでしょう。

でも、あなたが本当に辛いのなら、耳を貸す必要はありません。

どうしても理解して欲しい相手でなければ、反論や説得をする必要もありません。

どうして僕が、わざわざこんなことを書くのか?

それは、一人で抱え込まないで欲しいからです。

弁護士は、素晴らしい仕事です。

苦労して、ようやくなれる仕事です。

だから、「私は辛いです」と言い出しづらい気がします。

だから、「私の我慢や努力が足りないだけ」と追い詰めてしまう気がします。

だから、「独りじゃないよ」「間違ってないよ」と言いたくて書いています。

周りの人は間違っていません。だけど、あなたも間違っていません。

正解は、一人一人違うからです。

 

弁護士は素晴らしい仕事です。

大好きな先生もたくさんいます。

尊敬している先生もたくさんいます。

偶々僕は、自分が弁護士として働くよりも、弁護士という素晴らしい仕事をサポートする方が合っている。

シンプルに、それだけの話です。

 

これは覚えておいてください。

常に選択肢は複数あります。

「自分には弁護士しか道がない」

「弁護士以外の仕事をするなんてダメだ」

そんなことは思わないでください。

弁護士を辞めなくたって、他の仕事はできます。

弁護士という仕事の中でも、合う分野、合う事務所を探せるかもしれません。

 

今も僕は、以前ほどではありませんが、弁護士業もしています。

弁護士しかやっていなかった頃は、詰んでいました。

だけど今は、良い距離を保てています。

もちろん真剣にやっています。

だけど以前のように、詰んでいるという感覚はありません。

 

今回お話したことは、過去の僕が欲しかった言葉です。

ずっとずっと、誰かに言って欲しくて、たまらなかった言葉です。

少しでも、あなたの心に響けば嬉しいです。